20201126

さいきんはあまりみかけない表現で「1スピンドルノート」みたいなのがあった。ノートブックPCが内蔵しているディスクドライブの数を表すやつ。たいていの場合、1スピンドル=ハードディスクドライブ(HDD)だけ内蔵、2スピンドル=HDD+光学ディスクドライブ(ODD)内蔵、3スピンドル=HDD+ODD+フロッピーディスクドライブ(FDD)内蔵。もっと昔だとFDD+RAMディスク(HDDなし)とかHDD+FDDとかの構成もあったけどその時代はnスピンドルみたいな表現はなかったかも。

で、ソリッドステートドライブ(SSD)が実用になってくるとストレージはSSDだけで回転するディスクドライブはない機種が登場して、「0スピンドル」とか称していたんだけど、空冷ファンがけっこうさわがしくてねえ… (“0” spindleじゃないよな…)

ということで、こんご普及する?であろうarm系プロセッサー搭載で冷却ファンやディスクドライブがない機種に期待 (risc-v系でもいいです すぐにはでてこないかもだけど)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です